行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

代表的な料理

「人は神によりとうもろこしから創造された」という神話を持つグアテマラでは、主食はとうもろこし。とうもろこしの薄焼きパン(トルティージャ)と、インゲンマメを煮た(フリホーレス)料理が食事の定番です。グアテマラのトルティージャは、メキシコなどよりも分厚くてモッチリとした食感が特徴です。こうした先住民料理以外にも、旧宗主国であったスペインの影響を強く受けた料理もたくさんあります。

肉料理

肉の中でもグアテマラで最も好まれているのが鶏肉で、次いで牛肉、豚肉。どこでもよく見かける定番の料理はフライドチキン(ポジョ・フリト)とカルネ・アサダ(肉の炭火焼)。また、地域によっては鹿肉やイグアナ、アルマジロなどを使った料理も食べる事が出来ます。

タマーレス

Tamales

お米をすりつぶした生地に鶏肉やジャガイモ、オリーブの実、干しブドウ、とうがらしを入れて、バナナの皮で包んで蒸し焼きにしたグアテマラの郷土料理です。お誕生日やクリスマス、新年等祝い事の際に必ず食べられる他、西部では木曜・土曜に赤提灯の下がっている場所で購入する事が出来ます。

ペピアン 

Pepian

豚肉(鶏肉)と野菜に、かぼちゃの種を炒って擦ったものやたっぷりと香辛料を加えて煮込んだシチューです。グアテマラでは辛いスパイスはほとんど使われないので、味はコクがあってマイルドなのが特徴です。
かぼちゃの種、ゴマ、シナモン、クローブ、ローリエなどの風味がアクセントになっています。

チャピーナ

Chapina

若鶏入りの米料理です。味付けにはタマネギ、にんにく、トマト、そして唐辛子などが好まれています。

チレ・レジェノ 

Chile Relleno

ピーマンの肉詰めに卵をつけて揚げた、グアテマラで最もポピュラーな屋台料理です。アンティグアではピーマンに詰めず、具材にみじん切りにしたピーマンを混ぜて 丸め揚げます。

スバン・イック

Suban-ick

鶏、豚、牛肉の3種を使ったトマトシチューで、マヤの儀礼料理に起源があると言われています。数種の唐辛子をマイルドに利かせて頂きます。

ホコン

Jocon

鶏肉と緑黄色野菜を煮込んだグアテマラ風シチューです。緑色のソースが添えられて供される場合もあります。

コシード 

Cocido

ざっくりナイフを入れたじゃがいも、キャベツ、ニンジン、インゲン、ユカ、それにグイスキルといった瓜科の野菜と、肉のかたまりの煮込み料理です。野菜は別皿に盛られて供され、スープの中にご飯を入れて食します。

アドバード

Adobado

あらかじめマリネしておいた肉を、スパイスなどで作られたソースを絡めて焼く肉料理です。

ピカード 

Picado

ニンジン、インゲンマメ、トマトのみじん切りとミンチ肉をさっと炒め、ローレルやタイムなどのハーブを加えて軽く煮たグアテマラ伝統の家庭料理です。

カキック

Kaq'ik

ケクチ族が多いコバン地方で有名な郷土料理、七面鳥のスープです。このスープには、中米原産の香味野菜、オオバコエンドロを加えて食します。

タパーダ 

Tapada

カリブ海側でよく食される、魚介類とプラタノ(バナナ)をココナツ・ミルクで煮込んだガリフナ料理で海鮮シチューのようなコクのあるスープ料理です。

セビッチェ

Ceviche

エビや貝などをマリネしたシーフード料理です。南米ペルーのものとは異なり、グアテマラでは味付けにウスターソースを加えます。おつまみとして人気の一品です。

モハラの唐揚げ

Mojarra Frita

モハラ(川魚)を丸ごと揚げた郷土料理で、泥臭さはなく淡白な味です。

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL