行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.11.03

グァテマラのThe Day of the Dead

2015年公開のボンド映画『007 スペクター』のオープニングで非常に印象的に使われたお祭り、Day of the Dead

映画はメキシコのお祭りでしたが、The Day of the Dead(死者の日)とはラテンアメリカの国々でハロウィンの翌日から2日間、家族や友人達が集い、故人への思いを馳せて語り合う祝日なのです。

グァテマラでも11月1日、11月2日には正装し、お墓参りや、故人のゆかりの地を訪れる人々が街にあふれます。お墓に盛大な花を飾り、日中は軽い食事でもてなし、夜になると個人を偲んで盛大なパーティーが開かれます。

まさに日本で言うとお盆ですね。

ちなみに、このDay of the Deadはあくまで個人を偲ぶ厳かな祝日だったので、かつては007映画の様な派手なカーニバルは無かったとの事。どうやら映画の影響で各地で仮装したカーニバルが開かれる様になったという話です。

骸骨のコスプレで盛り上がってみたいですね!

*この記事に含まれる情報の日時、場所、料金、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (c)Rudy Giron and AntiguaDailyPhoto
    街の至るところでお供え用の花を販売
  • photo
    (c)Rudy Giron and AntiguaDailyPhoto
    花で盛大に飾られたお墓
  • photo
    (c)Rudy Giron and AntiguaDailyPhoto
    各地でいろいろなイベントが開催

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL