行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2018.06.19

グアテマラ&コスタリカのコーヒーを巡る旅

ホーランドアメリカライン(Holland America line)のパナマ運河のクルーズ。豪華な客船でリッチなバカンスライフを過ごしながら、中南米の各国の自然や文化にも触れる事ができ、欧米人に大人気です。

そんなパナマ運河クルーズですが、Seattle piさんでは別の楽しみ方を紹介しています。

それは中南米のコーヒーを巡る旅。このパナマ運河クルーズが訪れる、 グアテマラ、ニカラグア、コスタリカ、そしてコロンビアといった国々はコーヒーで超有名。コーヒー好きにぜひ訪れてみたい国々です。

ここでは、グアテマラ、コスタリカのコーヒー好きのためのおすすめスポットをご紹介します。

<グアテマラ>
太平洋に面するグアテマラ最大のプエルト・ケツァル港(Puerto Quetzal)到着した後、オプショナルツアーに参加して世界遺産にも登録されている街、アンティグア(Antigua)を訪れます。そこでまず訪れるたのがFiladelfia Coffee Resort & Tours。まさに名前の通りコーヒー農園の一部がリゾートになっており、1870年に設立されたという歴史あるコーヒー農園を訪れるツアーがあります。そしてさらに、ChocoMuseo。チョコレート博物館ともいうべき、ここでもコーヒー農園を訪れるツアーがあります。もちろんいろいろなチョコレート作りを体験したり、カカオ農園を訪問するツアーもあります。日本でもチョコレート作り体験はありますが、カカオ豆からのチョコレート作りはまずありません。このChocoMuseoはアンティグアに2ヶ所、その他の中南米の国々にもあります。(2018年6月現在ツアーは休止中)

Filadelfia Coffee Resort & Tours : http://www.filadelfiaresort.com/default-en.html
ChocoMuseo : https://www.chocomuseo.com/

<コスタリカ>
コスタリカの目玉は何と言ってもEspíritu Santo Coffee Plantation。首都サンホセから南西へ40kmほどいったところにある、ナランホ(Naranjo)の高台にある、640エーカー(東京ドーム55個分!)の広大なコーヒー農園で、生産、栽培、収穫、焙煎、パッケージなどの過程やコーヒーの歴史などが全て学習、体験できる施設です。もちろんいろいろなコーヒーを試飲できますし、お土産も買えます。コーヒーの全てがここにある、と言っても過言ではありません。近くには、かつてコーヒー農園では重要な役割を担っていた牛車の故郷と呼ばれた村、サルチ(Sarchi)もあります。牛車はコスタリカコーヒーのシンボルと呼ばれ、同国のコーヒーをさらに深く学ぶ事ができます。時間があればぜひ訪れて下さい。

Espíritu Santo Coffee Plantation : http://espiritusantocoffeetour.com/?lang=en

自分の好きなテーマを徹底的に掘り下げる旅。ちょっと贅沢ですが、いつかは実現したいですね!

Seattle piさんのサイト
https://www.seattlepi.com/lifestyle/travel/article/Holland-America-s-Panama-Canal-Cruise-Perfect-12550946.php

*この記事に含まれる情報の日時、場所、料金、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (C)Filadelfia Coffee Resort & Tours
    Filadelfia Coffee Resort & Toursのコーヒーツアー
  • photo
    (C)www.chocomuseo.com
    ChocoMuseoのチョコレート作り教室
  • photo
    (C)Espíritu Santo Coffee Plantation
    Espíritu Santo Coffee Plantationの試飲会

カテゴリー:旅行・観光情報

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL