行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

パナマ基礎知識

グァテマラ国旗

国の花
国の花:ラン

国の概略

国名 パナマ共和国 Republic of Panama
首都 パナマシティー
人口 約386万人(2013年 / 世界銀行)
政体 立憲共和制
民族 混血70パーセント、アフリカ系14パーセント、ヨーロッパ系9パーセント、先住民7パーセント。混血などの非先住民が9割以上を占めています。
アフリカ系の人々は、16世紀に工事のための労働力として連れてこられ定住したものです。19世紀には、パナマ運河建設のため白人や中国人労働者も多く流入、定住していきました。
先住民が特に多く暮らすのは東部のカリブ海側から東のコロンビア国境地帯。スペインによる侵攻以前から、多くの先住民が暮らし独自の文化が発達していました。
クナ族、エンペラーウォウナン族、ノベプグレ族、ボコタ族、テリベ族、ブリブリ族、パララ・プルー族と7つの先住民族がいます。代表的なのがクナ族で、彼らの手仕事による美しい民族衣装・モラはパナマを代表する工芸品となっています。ほかにもノベプグレ族の民族衣装やアクセサリーなど数々の伝統工芸があります。
自然・地理 面積7万5517平方キロで、日本の5分の1。北海道よりやや小さい程度の大きさです。北西はコスタリカ、南東はコロンビアに接し、北はカリブ海、南は太平洋に面しています。
南北アメリカをつなぐ地峡に位置し、太平洋と大西洋を結ぶ交通の要衝として古くから発達してきました。
東西にチリキ山脈、タバサラ山脈、サン・プラス山脈が走り、国土の多くを丘陵と山地が占めています。最高峰はコスタリカに近いチリキ山で、標高3475メートル。国のほぼ中央、国土がもっとも細くなった場所にあるのがパナマ運河。パナマシティー(太平洋側)とコロン(カリブ海側)をつなぐおよそ80キロの運河です。
パナマの国名と国旗
国名…諸説ありますが、16世紀初頭、スペイン人が中央アメリカに侵出したとき、今のパナマ周辺の先住民が魚の多く捕れる場所や漁師のことを「パナマ」と呼んでいたため、そのまま地名になった、と伝えられます。
国旗…青と赤の星と長方形があしらわれたデザインです。パナマ独立に助力したアメリカの星条旗を参照したもので、赤は自由党、青は保守党と独立時の二大政党を示しています。
政治の概況
1983年、ノリエガ将軍が実権を握って以来、政情不安が続きました。
1989年のアメリカ軍侵攻、そして1990年ノリエガ将軍が逮捕されエンダラ大統領が就任したことで状況は大きく変動。経済は成長の兆しを見せましたが、治安は安定しない状況が続きました。
1994年、民主革命党のペレス・バジャダレス大統領が就任。開放経済政策による投資促進と雇用拡大、民営化促進、道路や港湾の国家的なインフラ整備を行い、安定した経済成長をもたらしました。
1997年9月には、WTOにも加盟。
1999年、パナマ史上初の女性大統領として、モスコソ・アルヌルフィスタ氏が当選。貧困緩和・人権擁護・社会正義の実現・環境保護という4つの基本方針を掲げ、国民生活の改善を目指します。
1999年末、アメリカよりパナマ運河が返還され、米軍は完全撤退します。
2003年11月には、独立100周年記念式典が執り行われました。パナマ自国による本格的なインフラ整備が開始されます。
2004年、民主革命党のトリホス書記長が大統領に就任。憲法・税制改正を行い、パナマ運河拡張計画を推進。アメリカとのFTA交渉も締結しました(米議会の承認待ち)。経済成長は維持され失業率も改善、国民の生活は安定しはじめました。しかし、治安は悪化し、物価の高騰などに対する国民の不満は高まりました。
2009年、民主変革党のマルティネリ大統領が就任。「変革」を訴え、年金や教育、都市交通問題などさまざまな改革に着手しています。
※参考資料/外務省HP・各国地域情勢

文化・宗教・言語

文化
  • 民族舞踊など サルサ...中南米の他の国々と同様にサルサというペアダンスがよく踊られます。
  • フォークローレ...民族衣装をつけて民族音楽に合わせて踊ります。パナマの民族衣装は、女性はポジェーラという華やかなドレス、男性はガジャベラという白いシャツにパナマ帽といういでたちです。
    [ボジェーラの魅力]
    胸元に丸い毛糸の飾りをつけ、フリルとレースがたっぷりあしらわれたブラウスと円形のスカートのボジェーラ。スペイン統治時代の影響が残っていると言われる衣装ですが、白い布に施された刺しゅうは南国らしい花や植物をモチーフにした華やかなもの。
    陽気なリズムにあわせて円形のスカートを思い切り広げて踊る姿はリズミカルでかわいらしく、明るいパナマの人々にぴったりの衣装です。
  • ティピコ...アコーディオンと男性ボーカルを主体にした、パナマ独特の音楽ジャンルです。明るいカリブ音楽の中にちょっぴり哀愁漂う旋律が特長で、独特の節回しもあります。ダンス音楽としても愛されています。
工芸
  • 民族衣装 パナマにはクナ族、エンペラーウォウナン族、ノベプグレ族、ボコタ族、テリベ族、ブリブリ族、パララ・プルー族などの少数民族が住んでいます。中には鮮やかな色の特徴的な民族衣装を着ている人々もいます。
  • 工芸品 モラ…サン・ブラス諸島に住むクナ族の女性による民族手芸。民族衣装のブラウスの胸と背中に縫い付けてある飾り布のことです。
    華やかな原色の布に、現地で観られる鳥や花をあしらっており、明るい色合いと大胆なデザイン、隙間なく描かれた模様が特長。神話伝説も多くモチーフにとられています。
    チャカラ…
    ノベプグレ族の伝統的な編みバッグ。ピタという植物の繊維を染めて編んだもので、簡単な模様のものから自然をモチーフにした複雑なものまでさまざまな柄があります。丈夫で軽いトートバッグのような形で、実用品としても便利。
パナマ帽はパナマの名産?
つばが小さく小粋なパナマ帽は、パナマ原産ではありません。もともと、主にイギリス人がアフリカや中南米などで日よけとしてかぶっていたもので、19世紀末ごろに世界に広まりました。パナマソウの若芽を細かく裂いて編んであり、品質のよい手編み製品はとても高額なものもあります。パナマで拡がったきっかけは、パナマ運河の建設中、労働者たちが愛用したためとも伝えられています。アメリカのルーズベルト大統領がパナマ訪問時に気にいって着用した、というエピソードから、世界的にパナマ名産のように印象づけられました。実際にはエクアドルなど他の国でも多く産出されています。もちろん、パナマでも素敵に着こなしたパナマ人を多く目にしますし、お土産としても人気です。
主な宗教
カトリック
言語
公用語はスペイン語。先住民族は独自の言語を持ち、またパナマ運河地帯を通じてアメリカの影響も強く受けてきたため、英語を使う人も多くみられます。
  • ワンポイント・スペイン語
  • こんにちは:オラ
  • ありがとう:グラシアス
  • さようなら:アディオス
  • はい:シ
  • いいえ:ノ
  • おいしかったです(ごちそうさま):ムイ リコ

経済状況

経済状況 [データ]一人当たりの国内総生産(GDP)は10,700アメリカドル(2013年/世界銀行)、経済成長率は6.2%、物価上昇率は4.0%、失業率は4.8%(2014年/会計検査院)。
[概要]地理的優位性とドル化経済、海外投資を促す各種制度の導入などにより、運河、港湾、コロン・フリーゾーン、金融、観光、建設の各セクターが発達。第3次産業が国内GDPの約8割を占めています。しかし、第1次及び第2次産業が脆弱であるため、消費財、生産財の大半を輸入に依存しており、貿易収支は恒常的に赤字です。近年のパナマ経済は世界的経済危機からも回復し、2010年以降は成長を遂げています。パナマ運河の太平洋側及び大西洋側に第三閘門を建設する拡張工事が進められており、2016年完成見込み。日本からは8億アメリカドルを拡張工事に融資。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢)
ビジネス環境 総貿易額は海外への輸出が約8億アメリカドル、輸入が約130億アメリカドル(2013年/会計検査院)。主要貿易品目は輸出が動物性加工食品、植物性加工食品、輸入が鉱産品、電気製品・部品など。主要貿易相手国は輸出が米国、カナダ、中国、輸入が米国、中国、メキシコ(2013年/外務省HP・各国地域情勢)。
日本との関係 [対日貿易] 外務省HP・各国地域情勢における財務省貿易統計によると、輸出が73億円、輸入が7,423億円。主要品目は輸出が船舶、飼料、輸入が船舶、自動車・自動車部品など(2014年/財務省貿易統計)。
[日本の経済協力]パナマの主要援助国1位は日本、2位は米国、3位はドイツ(2012年)。援助実績は2013年までの累計で(1)有償資金協力は約323億円(E/Nベース)、(2)無償資金協力は約36億円(E/Nベース)、(3)技術協力は約295億円(JICA経費実績ベース)。※参考資料2016年1月/外務省HP・各国地域情勢
  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL